孤独死と遺品整理

遺品整理をどのように分けるのか

老人の孤独死が問題になりつつあります。2030年には老人の2人に1人が孤独死を迎えるといわれています。 このような中、遺品整理業者が注目されてきています。 しかし今までは法整備がないため、いい加減な処理の仕方をしていたようです。それに伴って遺品整理協会が設立され、ある程度のガイドラインを作り取り組んでいくという事になったようです。 この遺品整理協会を通し遺品整理士という民間の資格ができました。そのことによって安全な遺品整理業者 が増えていくのではないかと思われます。 しかし遺品整理とはどのように行うのかという知識がなければ、遺品整理業者を選ぶことも難しいと思います。ここからは遺品整理の仕方から業者の選定の仕方を見ていきたいと思います。

どのような遺品整理業者が良いのか

遺品整理には大きく分けて二つあります。 金銭的価値のないもの。例えば不用品といわれる物です。これは家電やタンスなど生活用品などもこれに当たります。この処理の仕方でトラブルが考えられます。例えば不用品回収業者などに頼んだ場合、不法投棄や形見分けできるような品の区別がつかず、回収してしまう可能性もあります。 そして二つ目、金銭的価値の高いいわゆる相続できる遺産です。この場合注意すべき点は、遺言書に誰かに物を上げるというような指示が書かれている場合も含まれるので、やはり専門的な知識のある業者を選ばなければいけません。 注意すべき点をまず自分で確認し、業者にその旨を伝える事が大切になるでしょう。 それから遺品整理業者に依頼するほうが間違いがないのではないでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加