今注目の遺品整理業者

捨ててしまうのはもったいない遺品の有効活用

家族や親族が亡くなった場合、故人の部屋の片づけや掃除は遺族が行うことが一般的ですが、これらを代わりに請け負ってくれるのが遺品整理業者です。今日、急速な高齢化により、孤独死や独居老人によるごみ屋敷化した住居は、遺族だけでは収拾がつかないこともあり、今後ますます遺品整理業者の需要が見込まれます。 サービス内容は、遺品の整理や分別、回収、部屋の清掃、遺品の供養などで、業者によってオプション料金が追加されることもあるのでよく確認しておきましょう。 なお、遺品整理業者によっては、整理して回収や処分するだけでなく、まだ使えるものは買取やリサイクル、公共施設などへ寄付することが可能なところもあるので、遺品を有効に活用することができます。

少しでも残された家族の負担を減らすために

家族が亡くなると、悲しさのあまり何もする気が起きなくても、遺族にはやらなくてはいけない様々な手続きがあります。遺品整理業者を利用することで、時間に余裕ができ、前に進むための気持ちの整理にもつながります。 また近年、終活の一環として自分のことは自分で片づけたい人や、死後に迷惑をかけたくないと考える人による「生前整理」や「生前見積もり」の依頼が増えています。これは、元気なうちに身の回りの整理や家財道具などの処分や回収の見積もりを行うことで、老後の資金計画が立てやすくなり充実した生活を送ることに役立ちます。 また、持ち物を減らすことでスッキリと暮らすことができ、大事なものや貴重品なども見つけやすく、万が一のことがあっても家族の負担が少なく済むという利点があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加